改良型 カナ付き単語練習帳

育心では、毎週15語の単語を暗記するのが約束です。

そのために、教科書の単語練習帳を作成し、それをもとに家で練習し、単語テストに備えます。

ただ、この時期に入塾する子どもは、たいてい単語が読めません。

フラッシュカードでどんどん発音の練習をさせるのですが、自分で読めるようになるには、どうしても時間がかかります。

読めない単語は、覚えることができません。

そこで、私が読めない単語を聞いて、カナを書かせるようにしていたのですが、

今回、単語練習帳のすべての単語に、カナをふりました。

これで、冬期講習から育心に来る子どもも、グッと単語の勉強がしやすくなります。

なんとか、中1と中2は冬期講習に間に合わせました。新学期までに中3の単語練習帳もカナ付きに変更します。

↓ こちらが改良型 カナ付きの単語練習帳です。

kanatango

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です