学びの広場 育心   枚方 塾 中宮中 第一中 学習塾 進学塾

育心は子どもの成長を全力で応援する枚方の塾です。

TEL.072-898-8174

〒573-1195 大阪府枚方市中宮東之町11-6福田ビル3F

天は人の上に人を造らず

天は人の上に人を造らず

第100号(2015年1月28日発行)

 「天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと言えり。」

小学生でもよく知っている、福沢諭吉の「学問のすすめ」の冒頭です。簡単に言えばみんな平等だと言っています。しかし福沢諭吉は、こう続けます。

けれどもこの人間世界を見渡すと、かしこい人がいて、おろかな人もいる。貧しい人もいれば、豊かな人もいる。その有様は雲と泥との違いがあるようだが、これはなぜなんだろうか?

それはとても明らかなことである。実語教に「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」と書いてあるというのです。

実語教とは江戸時代に寺子屋で教科書として使われていた書物です。人が生きていく上で、欠かせない大切な知恵が詰まっています。少し読んでみましょう。

玉(たま)磨(みが)かざれば光(ひかり)無(な)し。光(ひかり)無(な)きを石(いし)瓦(がわら)とす。
人(ひと)学(まな)ばざれば智(ち)無(な)し。智(ち)無(な)きを愚(ぐ)人(にん)とす。

どんな宝石も磨かない原石のままでは光りません。光らない宝石は石や瓦と同じです。人も学ばなければ知恵は身につきません。知恵のない人を愚かな人というのです。しっかり学んでいきましょうね!

師(し)に会(あ)うといえども学(まな)ばざれば、徒(いたずら)に市(いち)人(びと)に向(む)かうが如(ごと)し。

せっかく良い先生と出会っても、学ぼうという気持ちがなければ、ただの人と会っているようなものです。それでは何も得られませんよ。出会った先生それぞれにいいものを持っているはずです。そのいいところをどんどん吸収していってくださいね。

習(なら)い読(よ)むといえども復(ふく)せざれば、只(ただ)隣(となり)の財(ざい)を計(かぞ)うるが如(ごと)し。

勉強するのも本を読むのも、一度だけではなくて繰り返しやらなければ、ただ隣の家の財産を数えるようなものです。それでは自分のものとはなりませんよ。授業の時、分かったと思っても、自分で解いてみないと、力はつきません。宿題はそのためにあるのです。

人(ひと)として智(ち)無(な)き者(もの)は、木(ぼく)石(せき)に異(こと)ならず。
人(ひと)として孝(こう)無(な)き者(もの)は、畜(ちく)生(しよう)に異(こと)ならず。

知恵を持っていない人は、木や石と変わりません。親孝行の気持ちを持っていない人は、動物と変わりません。皆さんはお父さんお母さんに感謝の気持ちを持っていますか?塾に通わせてもらっていることは、とてもありがたいことなんですよ。知っておいてくださいね。

江戸時代の寺子屋で、子ども達はこんな言葉を毎日、音読していたのです。そうやって学んでいたらからこそ、明治時代に外国からさまざまな学問が入ってきたとき、すぐに対応できたのです。やっぱりしっかり学ぶことが大切なんですね。   (齋藤孝「実語教」を参照)

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です