学びの広場 育心   枚方 塾 中宮中 第一中 学習塾 進学塾

育心は子どもの成長を全力で応援する枚方の塾です。

TEL.072-898-8174

〒573-1195 大阪府枚方市中宮東之町11-6福田ビル3F

育心ブログ
育心に関する情報をブログ形式でアップします。新着情報も掲載しています。

ブログ一覧

教室の魔法<育心タイムズ114号>

114号(2017年11月16日発行)

 

私が大好きな先生がいます。香葉村真由美さん。現在福岡県の小学校の先生をしておられます。上は9年前、私が初めて香葉村さんの講演を聴いたとき、あまりの感動に声を出して泣きそうになるのを、口を押さえて我慢している私の写真です。今も主催者のブログにそのまま残っています。このとき以来、私は香葉村さんの大ファンです。今年8月、彼女の初めての本が出版されました。「子どもたちの光るこえ」という本です。その本から、今日は「教室の魔法」という一節を皆さんに紹介します。

----
教室には、子どもたちだけが使える魔法があります。それは、友だちの心を開くという魔法です。いまから13年前のこと。担任していた6年3組には、口のきけないさっちゃんという女の子がいました。さっちゃんはおばあちゃんと二人暮らしでした。

さっちゃんが6歳のとき、ご両親はさっちゃんをおばあちゃんに預けて蒸発してしまいました。さっちゃんはそのときのショックから、おばあちゃん以外の人とは話ができなくなったのです。

新しいクラスが始まりました。やっぱりさっちゃんは一人でした。誰に話しかけるわけでもなく、誰からも話しかけられませんでした。さっちゃんはまるで、存在していないかのようでした。私はさっちゃんに尋ねました。
「さっちゃんが話せなくなった理由をみんなにわかってもらいたいんだ。だからみんなに話をしようと思う。いい?」
さっちゃんは、私をしっかり見つめてうなずきました。

小さいときにお父さんとお母さんが突然いなくなってしまったこと。さっちゃんはそのことでとても傷ついたということ。深く傷ついて、こえを出せなくなってしまう「失語症」という病気があるということ。さっちゃんのおばあちゃんは、そんなさっちゃんが大切で、必死で守っておられるということ。

話している間ずっと、教室は沈黙に満ちていました。私は続けました。
「さっちゃんがこのまま一言も話せないでこの学校を卒業していくのは、先生、いやだと思ってる。だからね、みんなにもさっちゃんがどうしたら話せるようになるのか、一緒に考えてほしい」

次の日、子どもたちが考えたアイデアに私は少し驚かされました。彼らはペンとメモをさっちゃんに渡し、そこに自分の気持ちを書いてもらうことにしたのでした。さっちゃんに話をさせようとするのではなく、自分たちがさっちゃんの気持ちを理解しようと考えたのです。

誰かを変えようとするとき、大人はその人を変えよう変えようとしてしまいます。けれども子どもたちは、お話ができないさっちゃんを、そのまま丸ごと、受け止めたのです。

〝そのままでいいよ、さっちゃん。さっちゃんがお話をしないなら、ぼくたちがさっちゃんのこえなきこえを聞こう″これにはすごいなあと思いました。

次の日、ある子の机の上に、さっちゃんのメモが貼られていました。そこには「おはよう」と書かれていました。朝、そのメモを貼られた子どもがさっちゃんのメモに気がつきます。それを見てその子がさっちゃんのところへ走っていき、「さっちゃん。おはよう!」と言いました。

さっちゃんはにっこり笑いました。さっちゃんがはじめてお友だちと話をした瞬間です。私はその光景を見て涙があふれて止まりませんでした。さっちゃんの心が開いた。こえには出さなかったけれど、さっちゃんはどれだけ嬉しかったことでしょう。自分のこえが届いて、お友だちと話すことができた。お友だちと笑い合えた。

私はこのとき、友だちと笑い合えることは当たり前のことではないのだということを、子どもたちから教えてもらいました。お友だちと笑い合えるためには、心が開くことが大切なのです。私はこの瞬間二人の子どものところへ走っていき、思わず二人を抱きしめました。たまらなく愛しかったのです。

それから、さっちゃんのメモは増えていきます。さっちゃんはそれから、毎日メモに一言を書き、全員の子どもたちの机の上に貼っていくようになりました。

3学期が終わりに近づいた頃、さっちゃんがなぜか学校に来なくなりました。しかし、私が気がつくよりも前に、子どもたちはその原因に気づいていました。子どもたちは教えてくれました。
「卒業式の練習が始まったからだよ。名前呼ばれたら、返事せんといかんけん」
そしてこうも言いました。
「先生、勉強やめよう。さっちゃんがどうやったら学校に来るか、みんなで考えよう」
話し合いの末、子どもたちが出した結論に、私はまた驚かされることになります。
「さっちゃんが来られないなら、ぼくたちが行こう。さっちゃんに卒業式のやり方を教えよう」

それから子どもたちは、いくつかのグループに分かれて、何度もさっちゃんの家に行ってくれました。歌を教えるグループ、卒業証書の受け取り方を教えるグループ、どの子どももさっちゃんのために、一生懸命でした。

卒業式の当日。みんなが門のところで待っていると、さっちゃんがしっかりとした足取りでおばあちゃんと一緒にやってきました。

とはいえ、いざ卒業式が始まると私の胸には不安がよぎります。さっちゃんは、練習を重ねたほかのクラスメートと同じようにできるのだろうか。

ふと見ると、そんな私の心配に気づきもしない様子で、さっちゃんはみんなが起立するところで立ち、お辞儀をするところで頭を下げ、みんなが歌うところで(たぶんロパクですが)歌っていました。クラスの子どもたちが教えてくれたからです。私はその光景に感動していました。

そして卒業証書授与。さっちゃんがステージの上に上がってきました。

「さちこさん」

と私が名前を呼んだそのとき、小さい小さいこえでしたが、はっきり聞こえた2文字。

「はい」

さっちゃんのこえです。さっちゃんがこえを出してくれたのです。
はじめて聞いたさっちゃんのこえでした。体育館中がしーんとなりました。

私のクラスの子どもたちが、ポロポロと泣き出しました。さっちゃんのおばあちゃんは両手で顔を覆い、ワンワン泣いていました。見ると、さっちゃんも泣いていました。

お父さんとお母さんがいっペんにいなくなってしまい、悲しい思いをしたさっちゃん。彼女は、こえを出さないことできっと自分を守ってきたのでしょう。でも、そんなさっちゃんが心の扉を開いたのは、たとえどんなことがあってもさっちゃんのことを信じたおばあちゃんと、クラスの子どもたちの力です。信じるという子どもたちの愛情が、さっちゃんの心の扉を開けてくれました。

人は愛でしか変わらないんだということをこのとき教えてくれた子どもたちを、私はいまでも、
心の底から尊敬しています。

 

未来のためにまく種

私が担任として子どもたちと一緒にいられるのは、長い人生のうちの、わずか1年か2年にすぎません。教師はそんな短い時間でいったい何を教えられるというのか。

きっとそれは〝教える〟というより、その子の中の光に向けて、光を信じて、〝伝える〟ことなのかもしれません。
(引用ココまで)----

私はさっちゃんの頑張りだけでなく、このクラスの子ども達にも拍手を贈りたいです。さっちゃんを支えたのはこのクラスの子ども達の愛情です。そして私の想像ですが、「こうすればいいんじゃないかな~」ってことを勇気を持って言ったり行動してくれる子が、このクラスにいたのです。最初に行動を起こすには、やっぱり勇気がいります。その勇気を生み出す雰囲気もこのクラスは持っていたのでしょう。皆さんも、ちょっとした勇気を持つことで、学校のクラスが大きく変わることがあることを知っておいてくださいね。

「愛でしか人は変わらんとよ」は香葉村さんの口癖です。信念と言ってもいいと思います。彼女の本から私は、同じように子ども達の前に立つ人間として、いろいろなことを学びました。愛情いっぱいで子ども達を育てている彼女の姿は、お父さんお母さんの心にもきっと届くと思います。ぜひ一度手にとってお読みください。