学びの広場 育心   枚方 塾 中宮中 第一中 学習塾 進学塾

育心は子どもの成長を全力で応援する枚方の塾です。

TEL.072-898-8174

〒573-1195 大阪府枚方市中宮東之町11-6福田ビル3F

マララ・ユスフザイさん

マララ・ユスフザイさん

(2014年10月13日の育心メール通信の記事です)

「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。

教育こそがただ一つの解決策です。エデュケーション・ファースト(教育を第一に)。

ありがとうございました。」

2013年7月12日、16歳の誕生日に、ある少女が国連ですばらしい演説をしました。

その最後の一説です。

 

そうです。今回ノーベル平和賞に輝いたマララ・ユスフザイさんの演説です。少しだけご紹介します。読んでみてください。

-----

親愛なるみなさん、2012年10月9日、タリバンは私の額の左側を銃で撃ちました。
私の友人も撃たれました。彼らは銃弾で私たちを黙らせようと考えたのです。
でも失敗しました

私たちが沈黙したそのとき、数えきれないほどの声が上がったのです。
テロリストたちは私たちの目的を変更させ、志を阻止しようと考えたのでしょう。
しかし、私の人生で変わったものは何一つありません。
次のものを除いて、です。

私の中で弱さ、恐怖、絶望が死にました。
強さ、力、そして勇気が生まれたのです。
私はこれまでと変わらず「マララ」のままです。

そして、私の志もまったく変わりません。
私の希望も、夢もまったく変わっていないのです。

親愛なる少年少女のみなさん、私は誰にも抗議していません。
タリバンや他のテロリストグループへの個人的な復讐心から、ここでスピーチをしているわけでもありません。
ここで話している目的は、すべての子どもたちに教育が与えられる権利をはっきりと主張することにあります。
すべての過激派、とりわけタリバンの息子や娘たちのために教育が必要だと思うのです。

私は、自分を撃ったタリバン兵士さえも憎んではいません。
私が銃を手にして、彼が私の前に立っていたとしても、私は彼を撃たないでしょう。
これは、私が預言者モハメッド、キリスト、ブッダから学んだ慈悲の心です。
これは、マーティン・ルーサー・キング、ネルソン・マンデラ、そしてムハンマド・アリー・ジンナーから受け継がれた変革という財産なのです。
これは、私がガンディー、バシャ・カーン、そしてマザー・テレサから学んだ非暴力という哲学なのです。
そして、これは私の父と母から学んだ「許しの心」です。

まさに、私の魂が私に訴えてきます。「穏やかでいなさい、すべての人を愛しなさい」と。

----

教育の大切さを感じます。
その教育を実践する者として、しっかりした考え方を子ども達に伝えていきたいと、
思いをまた強くしました。

全文はこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です