高校入試改革1

(2014年9月15日の育心メール通信より抜粋)

今の中2生から、公立高校の入試制度が変更されることが、審議されています。
大阪府教育委員会が8月に発表した変更案をご紹介します。
(あくまで案です。決定でありませんので今後の動向に注意してください)

現在の前期・後期入試は、今の中3生までで、
現中2生からは、後期入試の時期に原則一本化され、一般選抜として実施されます。
普通科だけでなく、文理学科はもちろん、工科高校など、専門学科と言われてきた学科も一般選抜となるようです。

ただし、実技試験が必要な体育科・芸能文化科・音楽科・総合造形科のみは前期の時期に特別選抜として実施されます。

これにより、ほとんどの生徒は

2/10頃 私立入試
3月初~中旬 公立入試(一般選抜)

の2本立ての入試になり、じっくり勉強に取り組めることになります。

ただ、チャンスは公立私立それぞれ1回です。
しっかり準備をしていきたいですね。

(もう一つ大きな変更がありますので、次回に紹介します)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です